2021年2月26日(金)
6年生「生き方学習〜笠松シェフに学ぶ〜」

 2/22(月)と2/26(金)に、笠松研太さんをお招きし、6年生が「生き方学習」に取り組みました。笠松シェフは、「世界が認めた」草津の料理人。世界料理オリンピックのメダリストです。そんなシェフが各学級1時間ずつ講話・実演をしていただきました。
 あきらめてしまいそうなときには
 「できない理由は考えない。できる理由をいくつも考える。」
 誰にも訪れるチャンスをつかむために
 「準備が大切。今やれることをやる。」
 踏み出す勇気が持てないときには
 「挑戦すると結果はついてくる。
  そして必ず成長もついてくる。」
 自分の生き方に生かせる大切な言葉をいくつもいただきました。子どもたちも、巧みの技や大切にされている仕事の流儀等をしっかり受け止めました。

2021年2月25日(木)
避難訓練

 2/25(木)、地震発生を想定した避難訓練を行いました。コロナ禍なので、運動場であっても全校で集まることは控え、2校時に1・3・5年生、4校時に2・4・6年生と2回に分けて実施しました。先日の地震の記憶も新しく、子どもたちは真剣に取り組み、素早く避難することができました。ただし、安全に避難訓練を行うことだけが目的ではありません。訓練を通して、万一に備えて、自分は「何をしたらいいのか」「何に気を付けるべきか」「どんな準備が必要か」等を考えることも大切です。教室に戻った後、訓練の振り返りを行います。

2021年2月18日(木)
図画工作科「版遊び・版画」

 3学期の図画工作科の学習で、版遊びや版画の学習に取り組んでいます。紙版画や木版画、また白と黒で表現したり、彩色したり。学年によって工夫は様々です。まずは、自分の表したいものをイメージして丁寧に下絵をつくります。そして、インクを付け、いよいよ和紙等への写し取り。うまくできたか、紙をめくりあげるときのワクワク感。できた作品は、廊下等に掲示し、みんなで鑑賞します。

2021年2月17日(水)
新入生保護者説明会

 2/16(火)、来年度入学予定児童の保護者対象に説明会を行いました。例年は、新入児童も登校し、1年生の教室で体験学習等を行っています。しかし、本年度は、コロナ禍。保護者のみ来校いただき、入学にあたって必要なことを説明しました。一通り、説明はしましたが、入学まであと少しあります。不安や心配、ご質問等がございましたら、遠慮なく小学校へご連絡・ご相談ください。少しでも安心な思いを持って、入学の日を迎えてもらいたいと考えています。

2021年2月16日(火)
委員会活動

 2/15(月)の委員会活動は、本年度最終回。5・6年生の子どもたちがよりよい玉川小学校をめざして、当番活動に取り組んだり、創意工夫のある活動に取り組んだりしてきました。最終回では、6年生の卒業に向けた取組を進めたり、次年度に向けて紹介ビデオを作成したり、1年間の振り返りをしたり。委員会として集まるのは終わりますが、各委員会で必要な取組をしっかりやり切れるよう、引き続き、支援します。

2021年2月12日(金)
2年生 町たんけん
 2/12(金)、2年生が生活科で「町たんけん」に出かけました。玉川小学区内の3コースを探索し、様々なひと・もの・たてものに出会う活動も今回で最後になります。どのコースにもそれぞれ特徴があり、新しい発見がありましたが、どこに行っても変わらないのが地域の方のあたたかさ。今回は駅前交番の方が時間を割いてくださり、子どもたちに交通安全のお話や、パトカーの見学など貴重な経験をいただきました。町たんけんを通して、玉川学区・地域に誇りを持つ子どもに育ってほしいと願っています。
2021年2月10日(水)
6年生 LGBTの方々との交流

 2/10(水)、6年生が総合的な学習の時間に「LGBTの方々との交流」を行いました。学習では、LGBTの方が抱える心配・不安、それに向き合う方法等について話していただきました。「女らしく」とか「男らしく」という偏った見方・考え方ではなく、誰もが「自分らしく」生きることや生きられることの大切さを学びました。活動の終わりには、思い思いの色に手を染めて「レインボーフラッグ」を一緒に作成しました。ともに活動することで互いの理解が進む。これも学びの一つです。

2021年2月5日(金)
心のこもった作品制作
 宇佐元校長先生の献花台に、それぞれの学年の児童の手作りの花束や作品が飾られています。一人一輪ずつ、きれい紙や折り紙で作った花弁が並んでいます。
 同じく、6年生が書写の時間に取り組んだ「ろうがき」の作品が掲示されています。活き活きとした「生きる」「命」という文字がとても素敵です。
 1年生は新入学児童へのプレゼント作りに取り組みました。残念ながら一日入学が延期となり、直接わたす機会はなくなりましたが、保護者を通して届ける予定です。
 どの作品もそれぞれの児童の気持ちや思いがつまったものになりました。きっと、伝えたい相手にも届くことでしょう。
2021年2月4日(木)
3年生 琵琶湖博物館での校外学習
 2月3日(水)、3年生が校外学習で琵琶湖博物館に出かけました。
 琵琶湖博物館では、実際に石臼や手押しポンプ、足踏み脱穀機など、昔のくらしで使用していた道具を実施に見たり、使ったりする体験を通して、当時の生活の様子や人々の気持ちを想像しました。図鑑やインターネットで調べただけでは気づけないことを実感できたことは校外学習のよさの一つです。子どもたちはさっそく、琵琶湖博物館で学んだことのまとめ学習に取り組んでいます。 
2021年2月3日(水)
5年生 感謝の気持ちを届けよう「収穫祭」

 2月2日(火)、地域の方々をお招きして「収穫祭」を開催しました。
 5年生がお米作り体験で収穫したもち米を使っておにぎりを作りました。鍋を使ってお米を炊く体験は初めてのことで、ドキドキしながら炊き上がるお米の様子を見つめている姿が印象的でした。
 また、地域の方との交流の場では、これまでのお米作りをふりかえりながら、お世話になった地域の方へ感謝の気持ちを伝えました。交流会の内容や、会場の飾りつけ、司会・進行まで、子どもたちの創意工夫が満ち溢れ、ありがとうの気持ちがとてもよく伝わってきました。
 参加いただいた地域の方も、子どもたちの温かいもてなしに感激されていました。

2021年2月1日(月)
玉川小・命について考える日A(6年生・命の授業)
 2月1日の2・3時間目、地域にお住いの奥井さよ子さんを招いて、6年生に「命の授業」を実施しました。奥井さんは10年前にがんを発症し、その後の闘病生活を経て、現在は各団体やサークルなどで多くの方を励まし支える活動をされています。
 授業では自身の経験を踏まえて、命の大切さや、元気に明日を迎えられることのありがたさ、誰もが多くの方に支えられ生きていることなどについて、子どもたちに伝えていただきました。話を聞いた子どもたちは、改めて、自分や身近な人の命について深く考えるきっかけとなりました。
2021年2月1日(月)
玉川小・命について考える日@
 今日は宇佐恒浩元校長が亡くなられてちょうど1年目になります。そこで玉川小学校では、2月1日を「命について考える日」とし、いのちの大切さ・尊さについて改めて気づき、考え、自分や身近な方の命を大切にすることの大切さを学ぶ機会としました。
 1時間目は校長先生から、宇佐元校長先生が大事にされていた願いや思いを全校児童に伝えました。その後、各学級でそれぞれの学年に応じた「いのち」について考える活動を行いました。
 校長室前には献花台を設けるとともに、子どもたちから宇佐元校長先生にメッセージを伝えるためのノートを用意しました。たくさんの児童が献花台前に立ち止まり、手を合わせたり、ノートに書きこんだりする姿がありました。
2021年1月29日(金)
3年生 算数科「そろばん学習」
 1月26日(火)・27日(水)・28日(木)に3年生が算数科で「そろばん学習」に取り組みました。また、指導にあたり、地域のそろばん教室の先生に支援いただきました。ほとんどの子が初めての経験で、学習前は不安気な様子でしたが、先生の丁寧な指導を受け、みるみる上達しました。
 3日間のそろばん学習でしたが、くり上がり・くり下がりの計算まで取り組むことができました。学習後、「家でもそろばんをやってみよう」と話している姿もありました。
2021年1月25日(月)
6校時 クラブ活動

 月曜日の6校時。1/25(月)は、クラブ活動の日。天気も気温も心地よく、予定通り実施できました。本年度のクラブ活動は、本日を含めて後3回。今後、3/8(月)から視聴予定の「次年度クラブ紹介ビデオ」づくりの準備を進めながら、6年生と一緒に活動できる時間を大切にしていきます。

2021年1月22日(金)
オンライン授業に向けた接続テスト

 1/22(金)17:00〜1/24(日)17:00は、オンライン授業に向けたタブレット端末接続テスト。この日までに、コミュニケーションツールを使って、自分のタブレット端末で接続する練習をしました。そして、1/22(金)の帰りの用意。自分のランリュックにタブレット端末を入れて下校。今回は接続テストなので、学級ごとにコンピューター室から一斉に配信しています。うまく接続できるとメッセージが読み取れるので、示された操作をお願いします。

2021年1月19日(火)
校内書き初め展

 1/18(月)から、校内書き初め展を始めました。3年生以上は、毛筆、2年生は硬筆、1年生は絵の具の筆を使って書き初めに取り組みました。12月から1月の間に取り組んだものの中から一つを教室前廊下等に掲示しています。掲示物が変わると、子どもたちは、立ち止まってじっくりみています。作品を通して、子どもたちがつながっていくことを感じる一場面です。

2021年1月14日(木)
1年生 生活科「昔遊びで楽しもう」

 1/14(木)、1年生が生活科「昔遊びで楽しもう」で、けん玉に挑戦しました。当日は、日本けん玉協会びわこ草津支部の代表の方を講師にお招きし、各学級1時間ずつ取り組みました。持ち方や姿勢等、けん玉の基本を学び、いくつかの技に挑戦。自分のペースで上達感や達成感を味わうことができるけん玉の魅力に、子どもたちは引き込まれていました。

2021年1月13日(水)
5年生 びわ湖フローティングスクール

 1/13(水)、5年生がびわ湖フローティングスクールに行きました。いつもなら1泊2日の児童学習航海。本年度は、コロナ禍。1日航海での実施となりました。子どもたちは、学習船「うみのこ」で、プランクトン観察やびわ湖展望、透視度調査等の「びわ湖学習」に取り組みました。プランクトンの量や種類の多さがわかったり、琵琶湖大橋を見上げたり、北湖の水の美しさに気づいたり、「うみのこ」に乗ったからこそ感じ、考えられることをいくつも体験しました。事後の環境学習につなげます。

2021年1月6日(水)
3学期始業式

 1/6(水)、3学期始業式をオンラインで実施しました。配信側も受信側もこの方法にも随分慣れました。体育館より近い距離で話が聞ける。椅子に座って話が聞ける。おかげで、始業式で全校児童に伝えたい内容が一人ひとりに届きやすいという強みを感じています。代表児童のスピーチに少し離れた全校の教室からの拍手も届き、いよいよ「やり切る3学期」がスタートです。


  2学期までの様子へ